本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > 茶園管理

茶園管理

20名の組合員の結束力は強く、施肥・防除など、足並みをそろえた計画的な茶園管理・摘採を行い、1番茶と2番茶を摘採・加工・出荷しています。


精密土壌分析 (Soil analysis conducted)

年間通じて高品質な茶葉を安定した収穫量、安定した価格で。
天候にも左右されにくい土づくり。


農業の基本は、「土づくり」からと考えております。私たち組合では、精密土壌分析を行い、年間の施肥設計を基に栽培管理をしております。茶樹が本当に必要としている肥料・農薬のみを与えることができ、過剰な肥料・農薬の投入を避けることができます。また、現在の「土」の状態も、数値でしっかりと確認することができるため、年間通じて高品質の茶葉を安定した収穫量、安定した価格で提供することができます。

栽培履歴の徹底 (Traceability)

精密土壌分析を基にした施肥設計のほか、農薬の散布量・使用時期を厳守し、組合員の栽培履歴を集計することで、トレーサビリティー書類の提出も迅速に行えます。

新鮮な生葉と安定した荒茶生産 (Immediately processed after harvest)

摘み取られたばかりの新鮮な生葉は、すぐに茶工場へ運ばれて加工されます。

摘採された芽重型の茶葉を、ゆとりのある最新の設備と茶師の固定と技術により、加工していますので、日々安定した品質の荒茶を出荷することが可能となります。

Copyright (c) Uchida Daini All Rights Reserved.