本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



トップページ  > 組合について

組合について

静岡県菊川市に位置する内田第二茶農業協同組合は、昭和38年に地域の茶農家が集まり設立されました。


設立から現在まで

昭和40年代には、本格的な茶園開発が進められ、
40ヘクタールを超える面積に拡大していきました。
そして昭和53年、現在の工場施設に。

自然にも恵まれた茶園は、三方を七曲池・新池・池ヶ谷に囲まれた中山間地に位置しています。
春先からの暖気を受け、芽伸びもよく、良質な茶葉を生産する環境に適しています。

特徴的な水色

製造される荒茶は、深蒸しの度をさらに高めることで、圧倒的に深緑の増した水色となり、深くまろやかな味わいになります。再製時の色づけにも最適です。また、秋落ちしないことでも高い評価を受けております。

荒茶製造と小売り

私たち組合は、荒茶製造が主体で、小売り茶はもともと組合員の普段使いと贈答用にと、仕上げを行ってまいりました。生産量が少ないにも関わらず、贈答用にと配られたお茶がおいしいと評判になり、お客様が全国に広がりました。

現在も荒茶製造が主体ですが、お客様のご要望にお応えし、小売販売を続けております。

Copyright (c) Uchida Daini All Rights Reserved.